屋根について考える

   皆様の暮らしを支える住まい。その中でも屋根は生活になくてはならない部分です。屋根は家の重要部分
台風の大雨や強風、夏の暑さや冬の寒さから私たちを守ってくれています。
どの住まいにも必ず屋根は建物を構成する部材としてなくてはならない存在です。
私たちは屋根があることにより安心して室内で生活できます。

 

 

屋根の持つ大きな特徴として
 ・断熱性能
   屋根と天井にある断熱層で空気の層を作ることで、太陽光熱から家を守り、快適な住空間を形成しています。
 ・防水性能
   屋根を構成する下地材として野地板の上に防水紙を使い防水層を作って、雨が建物内部に侵入しないようにしています。
   防水層に使用される材料は昔は薄い木材や塩ビ材質のシートでしたが、近年はアスファルトルーフィングを使用しているのが多いようです。
この様な特徴が挙げられます。


   日本の住宅のイメージは「」ですが、屋根材にはさまざまな種類があり、瓦屋根、スレート屋根、金属屋根などがあります。

   また、近年の地震によって屋根の耐震性が重要視されるようになってきました。多くの住まいが屋根の葺き替え時に瓦からスレートや金属屋根に変えていることが多いです。

   どのような種類があるのか、屋根は時間の経過とともに機能が劣化してきます。その劣化をした時のメンテナンス方法、適切な屋根の工事方法をこのサイトではお教えします。
これから屋根の葺き替えや塗り替えを行う方、屋根工事の方法を知りたい方にお勧めの情報を発信していければと思います。

 屋根の塗り替えなどの塗装に関しては、特に外壁塗装.jp.netがおすすめです。
丁寧な説明と、塗料に関しても詳しく紹介されています。
塗装に関してお調べの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Clip to Evernote