スレート屋根の特徴

   スレート屋根は、近年新築屋根に多く採用されている屋根種類となっています。
スレートとは粘板岩を使用した建築材料のことです。


スレート屋根   昔はセメントと石綿の混合素材された石綿スレートがアスベスト問題となっていましたが、現在では多くの代替繊維が開発され使われているスレート屋根は無石綿スレートに切り替わっています。

瓦に比べて軽量で施工しやすく、板金よりも強度がある。収縮が少なく安価である。といったことがスレート屋根の大きな特徴です。


   色のバリエーションも塗料によってさまざまな色にすることができるので、自分好みの屋根の色を実現できる屋根材です。

屋根のメンテナンスで瓦屋根と大きく違うのは、屋根の塗装を行うことがあります。

   屋根の塗装の目安の時期としては10~15年ぐらいで一度は屋根の塗替えを行う必要があるといわれています。
その時に使う塗料の種類にもシリコン系塗料フッ素系塗料、があり近年では遮熱性を持たせた遮熱系塗料も開発されています。

   スレート屋根のメンテナンスとして、台風などの強風時に棟に施工してある板金が飛ばされてしまうこともあります。強風後には板金部分の点検を行い、飛んでしまったら修理を、飛んでいなくても点検を行っておくことが大切です。

 点検する際はご自分で屋根に上らないように気を付けてください。
屋根から落ちて怪我をしてしまっては大変です。点検は専門の屋根業者にお任せするのが一番です。

私のお勧めはこちらの屋根工事専門業者「街の屋根やさん」でしょうか。
スタッフの方が丁寧に点検してくれて、なんと見積まで無料です。

興味のある方は「屋根工事」で検索してみてください。

Clip to Evernote